6歳臼歯は”歯の大黒柱”|市川市本八幡のむらおか歯科・矯正歯科クリニック

歯並び矯正治療

送迎サービス

047-372-6645

【完全予約制】千葉県市川市宮久保1-23-23

新型コロナウィルスにおける 当院の感染予防対策について

送迎バスの運行日・送迎場所変更のお知らせ(令和6年3月16日より)

6歳臼歯は”歯の大黒柱”

投稿日:2024年2月5日

カテゴリ:リニューアルブログ

こんにちは!歯科衛生士の島村です☺︎
今回は6歳臼歯について、お話したいと思います。

6歳臼歯は乳歯列のうしろに生えてくる、永久歯の中で1番大きく噛む力も最も強い歯になります
この歯は生えるまでに時間がかかるので、歯の上に歯茎がかぶさり汚れが溜まりやすかったり、噛みあわせの溝が深く汚れが取れにくくなっています。また、生え始めの歯は柔らかくとても虫歯になりやすくなっています。

6歳臼歯を守るためには?
➀毎日の歯磨きにフッ素の使用
小さいお子さんでも安心して使えるフッ素もあります。
➁仕上げ磨き
当院では10歳までは必ずお家の方の仕上げ磨きをお願いしています。
永久歯へと生え変わり、磨くのが難しいところもあります。お子さんが自分で歯磨きした後に仕上げ磨きを
頭がまだ歯茎に近かったり、前後の歯よりも低かったりすると歯ブラシが大きくて痛かったりするので、先が尖ったタフトブラシの使用もオススメします
 *もちろん、10歳になったらその日から仕上
げは終わり!でなく、1人で磨けるようになるまでチェック磨きをお願いします。
➂定期的なメンテナンス
歯科医院でのフッ素塗布や、溝を埋めてあげる予防処置"シーラント"も効果的です。
歯磨きが不安な場合、一緒に歯磨きの練習もできます。ぜひ、メンテナンスの時などに声かけてくださいね。

ずっと使い続けられる強い6歳臼歯にしましょう 

トップへ戻る