親知らずの抜歯|市川市本八幡のむらおか歯科・矯正歯科クリニック

歯並び矯正治療

送迎サービス

047-372-6645

千葉県市川市宮久保1-23-23

親知らずの抜歯

親知らずを残しておく、多くのメリットをご存じでしょうか?

親知らずの抜歯

「親知らず=抜く必要がある」みなさんはそう捉えていらっしゃいませんか? 歯科医院に来院される患者さまの理由の1位は虫歯で、2位は実は親知らず関係です。そのほとんどのケースが痛みが出ている場合ですが、中には「レントゲンに写っていたから抜く必要はありませんか?」という方もいらっしゃいます。 実は、親知らずは必ずしも抜歯する必要はありません。昨今は歯の移植や再生医療の研究が進んでおり、後々、不要な親知らずを歯の抜けた部分にあてがうことが予想されます。

親知らずは移植など再利用ができる

親知らずの再利用

親知らずを抜かずに残しておくことにより、以下のような場合に再利用できる可能性があります。そのため当院むらおか歯科・矯正歯科クリニックでは可能な限り親知らずを残すという考えを持っています。

通常抜歯をした部分へはインプラントや入れ歯などを検討することになりますが、親知らずが残っていることにより新たな選択肢を持つことができます。そのため当院では残しておいた方が後々のためにはよいと考えています。またインプラントや入れ歯は人工物ですが、親知らずは自分自身の歯ですので、生体親和性を考えるととても良い素材と言えるでしょう。

親知らずの移植には条件がある

全ての箇所に、また全ての親知らずが移植可能というわけではありません。移植には条件が整っている必要があります。根の形や大きさなど、移植箇所に適合しないと親知らずを移植することができません。当院では的確な判断をさせて頂き、患者様へお伝えしております。

親知らずの抜歯をオススメするのはどんなケース?

抜くべき親知らず

・・・などなど、抜いた方が良いと思われる場合は歯科医師との相談で決めましょう。

なるべく痛みを抑えた抜歯を

痛くない親知らずの抜歯親知らずの抜歯は麻酔が切れたあとに必ずといっていいほど起こります。外科的処置を行うので、完全無痛で行うことは不可能です。

しかし、できるだけその痛みを抑えることは可能で、痛みは親知らずの抜歯手術にかかる時間に比例してきますので、スムーズに抜くことができれば痛みをある程度抑えられます。

当院では手術前のレントゲン段階で抜歯シミュレーションをしっかり行うことでできるだけ痛みを抑えた親知らず処置を行っております。

また、麻酔の段階でも痛みを抑えた塗る麻酔を使用しております。(無痛麻酔についてはこちらから

市川市本八幡にて親知らずの診断や抜歯をご検討の際は当院まで

親知らずの診断や抜歯

当院むらおか歯科・矯正歯科クリニックでは親知らずについてのご相談をお待ちしております。移植などの可能性を考慮した上で抜歯・保存の判断をさせて頂きますので、お気軽にご相談頂ければと思います。抜歯をすべき場合でも痛みを抑えた治療を重視し対応しますので、ご安心下さい。

トップへ戻る