うちの子も、矯正治療始めました!

投稿日:2014年5月21日

カテゴリ:院長ブログ

「うちの子、なんか歯並びが心配なんだけど、

実際のとこ、矯正治療ってどんな感じなんだろう…」

「痛くないの?」

「ちゃんと続けられるかしら?」

 

そんな疑問をお持ちの患者様がほとんどだと思います。

 

そこで、少し前から矯正治療を始めた我が子の歯並びが、

これからどう変わっていくかを、ぜひ皆様に見ていただこうと

ブログに載せることにしました☆

 

ちなみに、母である私は、20代後半で矯正治療を始め、

今はもう終わっています。

(私の体験話も、また今度聞いてください(^^))

 

矯正に興味のある方、これから始めようと思っている方、

ぜひ、歯がどのように動いているか、時々のぞいてみてくださいね

上顎前突(出っ歯)の矯正治療での治し方

投稿日:2014年5月10日

カテゴリ:矯正

  

image

口元を真横から見た時に上下の前歯の差が大きい歯並び。

上下の差が約2〜3mm位が正常な状態です。上の症例写真では約7mmありました。アゴの成長期を終了した年齢から矯正を始めたので、アゴの発育をコントロールできないため、抜歯をして問題を解決しました。

では、なぜ抜歯をしなくてはいけないのでしょうか?

健康な歯を抜くことに対して抵抗がある人はほとんどだと思います。抜歯をしないで治る人はもちろん抜歯はしません!

ですが、抜歯をしないと口元は大きく下がりません。今の状態よりも口が閉じづらくなる可能性や歯を抜かないで無理矢理歯を押し込むことで元の状態に戻り安くなってしまう恐れがあるのです。

口が閉じづらいと口で息をしやすくなるため口の中が乾燥して歯ぐきが腫れて歯肉炎になり歯周病へと移行してしまいます。そうすると全部の歯がダメになってしまう可能性があるのです!最後にもう一度、抜歯をしないで治る人は歯を抜きません!早めにご相談を!

悪い歯並びの種類と治し方

投稿日:2014年5月9日

カテゴリ:矯正

悪い歯並びのことを専門用語では『不正咬合(ふせいこうごう)』と呼びます。

不正咬合には様々な種類があり  上顎前突(出っ歯)、下顎前突(下のあごがでている)、上下顎前突(上下のあごが出ている)、叢生(そうせいと読みます。バラバラな歯並び)、開咬(奥歯で咬んだ時に、前歯がかみ合わず、開いてしまう)、過蓋咬合(上の歯の咬み合わせが深すぎる)、正中離開(すきっ歯)、と多種多様です。次回以降 それぞれの不正咬合について細かく説明して行きたいと思います。

ホームページリニューアルしました!

投稿日:2014年5月6日

カテゴリ:院長ブログ

むらおか歯科矯正歯科クリニックはホームページをリニューアルしました!

今まで5年間利用してきたホームページをリニューアルし内容を更に充実させました。

当医院は歯科における診療科目をそれぞれの担当医がそれぞれの分野を担当し医師同士で情報を共有し治療を行っていますので包括的な治療が受けられ家族皆様で安心して通える歯科医院です!

ブログをはじめます。

投稿日:2014年4月14日

カテゴリ:院長ブログ

むらおか歯科・矯正歯科クリニックのブログを始めます。定期的に更新して参りますので、よろしくお願い申し上げます。

<1 2 3 4 5 6 7 8