片側噛みを治そう!

投稿日:2014年10月28日

カテゴリ:矯正

片側噛みの原因が歯並び、歯の痛みなら、まずは治療が先決!その上で、毎回の食事での両方噛みを意識していきましょう。あごを大きく開けながら食べると、舌が勝手に左右に動き、自然とバランスよく噛むことができます。また、1日3回ほど、噛み癖のない方でガム(キシリトール入りなどむし歯にならないもの)を1時間くらいかけて噛むのもおすすめ!早ければ数週間で効果が現れます。ぜひ実践してみてください!

 

片側噛みが全身に影響を及ぼすことも??

投稿日:2014年10月25日

カテゴリ:矯正

片方だけで緊張した筋肉の影響は、頭を支えている首にも現れ、首から肩、腰、下半身と、いたるところにコリや痛みという形で広がります。また一方のあごの関節に負担が集中しますので、あごが痛んだり、口が大きく開けられなくなる顎関節症(がくかんせつしょう)の原因にもなります

securedownload[1] (2)

片側噛みで顔がゆがむ??

投稿日:2014年10月23日

カテゴリ:矯正

前回は片側噛みについて説明しましたが、今回は片側噛みによる弊害の原因、それは、、

顔の左右の筋肉に差が出てくること。片側噛みをする側の筋肉だけが緊張してピンと張り

逆に反対側の筋肉は緩みます。すると前回に挙げたような目の高さ、口の向き、ほうれい線の濃さなどの見た目に現れてきます。

securedownload[1]

日本矯正歯科学会学術大会へ参加!

投稿日:2014年10月22日

カテゴリ:矯正

日本矯正歯科学会学術大会へ参加してポスター発表をしてきました。

作成したポスターは好評で多くの先生からご賛同頂きました。

ポスターを作るにあたり大変なことも多々ありましたが苦労も報われ清々しい気持ちになりました。次は来年2月の福岡での講演会に向けての資料作りです。

日々勉強ですね。。。

image

片側噛みの恐怖?

投稿日:2014年10月14日

カテゴリ:矯正

みなさんは、鏡で自分の顔を見て「左右の目の高さがあっていない」「口が片方だけ上がっている」「片方のほうれい線だけが濃い」なんて感じたことはありませんか?

実はこれ、「片側噛み」が原因かもしれません。片側噛みとは、食事の際に左右どちらかでばかり噛んでしまうことで、原因はさまざま。一時的に歯が痛くて避けていたら習慣になってしまった、噛みあわせが悪い、もともとの「噛み癖」…など。一時的なら問題ありませんが、ずっと続けているといろいろな弊害が生まれてきます。

 

次回はもう少し細かく例を挙げて説明していきます。

細菌の巣窟『バイオフィルム』を取り除こう!その2

投稿日:2014年10月7日

カテゴリ:院長ブログ

securedownload[1]

●歯磨きだけでは3割~4割程度…

バイオフィルムは放っておくとあっという間にできてしまいます。そのため、日々のご自身でのケアが非常に重要です。また、ブラッシング(歯磨き)だけではお口全体の3割程度しか除去できないため、上の図にあるように、歯と歯のフロッシングも必須です。仕上げのマウスウオッシュには「殺菌効果」のある「薬液洗口剤」を選びましょう!

●セルフケアでは取れないバイオフィルムも…

しかし、ご自身のケアだけでは、歯周ポケットの内部や強固にこびりついたバイオフィルムを除去するのはとても困難です。そこで大切なのが定期的に歯科医院での「プロフェッショナルケア」を受けていただくこと。バイオフィルムや歯石の除去はもちろん、むし歯や歯周病の早期発見にもつながります。いつも清潔なお口でいられるよう、私達と一緒に継続的なケアを続けていきましょう!!

 

細菌の巣窟『バイオフィルム』を取り除こう!!!〜その1〜

投稿日:2014年9月13日

カテゴリ:院長ブログ

image

台所の流し台や洗面台の排水口。しばらく掃除しないと、ヌメヌメになりますよね。

このヌメヌメの正体は、『菌膜』とも呼ばれる「バイオフィルム」。

その名の通りたくさんの細菌が強固に固まってできたものです。

実はこのバイオフィルム、お口の中にも簡単にできてしまいます。歯の表面上にできたバイオフィルムに含まれる細菌の数は、わずか1mg中に10億個以上。こうして繁殖した細菌が、むし歯や歯周病を引き起こしますので、バイオフィルムはしっかり取り除いておきましょう!

「歯科助手募集」たくさんのお問い合わせありがとうございました☆

投稿日:2014年8月8日

カテゴリ:院長ブログ

先日、歯科助手さんの募集をさせていただきましたが、

新たに一緒に働いて頂く方を決定させていただきましたので、

今回の募集は締め切らせて頂きます。

 

たくさんのお問い合わせ、ありがとうございました。

今後もよろしくお願いいたします。

第73回 日本矯正歯科学会大会 学術発表決定!

投稿日:2014年8月4日

カテゴリ:矯正

10月に幕張メッセで行われる 第73回日本矯正歯科学会大会で学術発表をして来ます!

今回は抄録での審査も無事に採択されポスター発表という形で学術発表をします!

抄録って何?って思われる方もいらっしゃると思いますが、簡単に言うと自分が診療、研究の成果を論文にしてその論文をわかりやすくまとめた論文なのです!……論文の論文…余計にわかりにくくなってしまったような気が、、、、

何を書いたかというと前回歯科雑誌に載せて頂いた炭酸ガスレーザー関連のことを矯正に特化して今回は書きました。意外に大変でしたよ。。。。

さらにポスターを作らなくてはいけないのですが、大きさが、なんと、120cm×210cmの超ビックサイズ!もちろん自宅では印刷できません。僕の身長より大きい。。。ちなみに私は180cmあります。。。どうでもよいですね。。。

しばらく2ヶ月間はパソコンとにらめっこですかね。。。出来上がりましたらまた報告したいと思います!

image

日常生活の姿勢が歯並びを悪くする?

投稿日:2014年7月18日

カテゴリ:矯正

普段何気ない姿勢が歯並びに影響を及ぼすのはご存知ですか?

例えば、

⚪︎頬杖をつく

⚪︎寝る時の姿勢 (横向き寝、うつ伏せ寝)

⚪︎長時間に渡る吹奏楽の演奏

⚪︎足を組む

⚪︎ご飯を食べる時の姿勢

まだまだたくさんありますが、、、、

お伝えしたいのは歯はわずか数グラムの力でも持続的に続くことで動いてしまう!ということです。実は矯正治療も弱い力で持続的な力をかけることによって歯にダメージを与えずに動かして行くことができるのです!

 

 

<1 2 3 4 5 6 7 8 >