成人矯正について

成人矯正の症例写真

大人(成人)の歯列矯正とは?

おとなの歯列矯正矯正器具の見た目が悪いから嫌だとおっしゃる方も多いかと思います。

そんな方でも安心して矯正治療を受けて頂けるために、当院では透明な矯正器具や、マウスピース矯正、歯の裏側についける矯正器具を使用しております。

目立たない矯正治療が可能です。

おとな(成人)の歯列矯正のメリット

成人の歯列矯正小児矯正に比べ、選択できる矯正装置の種類が多く、一般的な金属の目立つ矯正装置でなく、透明なマウスピース型のものや、歯の裏側につける装置、透明、または白い矯正装置を使用できます。

また、一部だけ矯正を行う、部分矯正治療も受けることができます。

矯正Before&After写真

該当する症状をクリックするとBefore&After(矯正前と矯正後)のページへジャンプします。

  • 上顎前突(上の前歯が出る)

    上顎前突上前歯が前に出たり下あごが後退している症状
    next

  • 上下顎前突(上下の前歯が出る)

    上下顎前突上下の前歯がともに前に出てしまっている症状
    next

  • 下顎前突(下の前歯が出る)

    下顎前突咬んだ時に下の歯が上の歯より前にある症状
    next

  • 叢生(デコボコな歯並び)

    叢生歯がデコボコに生えたり生え方が不揃いな症状
    next

  • 空隙歯列(すきっ歯の状態)

    空隙歯列すきっ歯と呼ばれる歯の間が開いている症状
    next

  • 過蓋咬合(上前歯が覆い被さる)

    過蓋咬合1上の前歯が下の前歯に深くかぶさっている状態
    next

  • 開咬(前歯で咬み合わない)

    開咬奥歯を噛んだときに、前歯が咬み合わない症状
    next

  • ガミースマイル(歯ぐきが出る)

    ガミースマイル笑った時に歯ぐきがたくさん見えてしまう症状
    next

成人矯正治療の流れ

ortho_adult003

矯正を開始するベストなタイミングと治療期間

矯正の治療期間と開始時期ページをご覧ください。

矯正中のブラッシングについて

矯正中のブラッシングについて装着した後は、口の中では食べかすや歯垢がたまりやすい部分が大変多くなっています。

またブラッシングもしづらくなるので、正しいブラッシングで時間をかけて磨かないと、すぐに虫歯になってしまいます。

重度の虫歯になると矯正装置を外して治療することもあるため、矯正治療が一旦中断されたりする場合もあります。

このようなことにならないためにも、矯正中は装置に合わせた歯ブラシや補助器具を選択し、今まで以上に時間をかけてこまめに歯磨きをすることが大切です。

ブラッシングのポイント

歯ブラシ 歯ブラシ 

矯正装置は歯より出っ張っているために、歯を上下に分けて磨いていきます。歯ブラシは歯面に角度をつけて当ててあげて、軽い力で横に往復磨きをします。また、その際の力具合も重要で、鉛筆を持つときのように歯ブラシを持ってあげると適度な力で磨くことが可能です。

タフトブラシ タフトブラシ 

歯並びが悪く、ノーマルの歯ブラシでは届きにくい箇所や矯正装置の周りを磨くときに使用します。

歯間ブラシ 歯間ブラシ 

タフトブラシと同じで、歯並びが悪く、ノーマルの歯ブラシでは届きにくい箇所や矯正装置の周りや歯間を磨く時に最適です。ブラシの大きさは無理なく隙間に入るものが最適です。

デンタルフロス デンタルフロス 

隙間のない歯間に用います。歯間ブラシや、糸ようじと呼ばれるものです。歯ブラシの届かない隙間の歯垢までしっかりお掃除できます。

本八幡、市川にて矯正無料相談実施中

矯正無料パンフレットダウンロードお電話でのご相談・お問合せは047-372-6645まで  メールでのご相談・お問合せはこちらをクリック