小児歯科(マタニティ歯科)

ご家族の方も同席して治療が受けられます

家族同席での治療風景

お子さまのお口の状態を親御さんに把握していただき、親子そろって口腔ケアに対する意識をもっていただくために、当院でお子様を治療される場合はご家族の方の同席治療が可能となっております。小さなお子さまの健康的な口腔状態を家族全員で守ってあげてください。

むし歯予防のためのシーラント

大臼歯(奥歯)には小さな溝があります。小児の歯質は大人の歯質に比べて弱いので、この溝にむし歯ができやすなっています。子どもの奥歯にむし歯が多いのはこのためです。そこで、その溝を特殊な歯科セメント素材で埋めてあげるとむし歯にならなくなります。むし歯予防処置のひとつである小児のシーラント処置は必須であります。

小児歯科のシーラント処理

シーラント処置を行わないと奥歯の溝からむし歯になりやすくなってしまい、むし歯になってしまった場合は削って銀歯などの詰め物が必要になってしまいます。むし歯予防処置をしっかり行いましょう。

シーラント処置を行わないでむし歯になった画像

フッ素塗布について

フッ素塗布した歯のイラスト上記でも述べましたが、小児の歯質は大人に比べ弱いため、こまめなメインテンスが大変重要になります。

学校などでフッ素塗布が義務付けられているのもそのためで、当院でもフッ素塗布を行うことができるので、お気軽にご相談ください。

ホームケアと歯科医院ケアで健康なお口を維持しましょう。

マタニティ歯科 ~妊娠中のお母さんへ~

マタニティ歯科画像妊娠中の歯科治療は特に気をつけなければなりません。

1番良いのは、妊娠前に歯科治療を全て終わらせることで、健全な口腔の状態で妊娠、出産に至ることです。これならば妊娠中は治療ではなく、定期検診のみで済みます。

しかし、もし治療が必要な場合は麻酔の使用や薬の服用など、胎児に影響がある可能性のあるものとないものを選び、治療する必要があるのかないのかをお話し合いします。

健康な赤ちゃんを生むために、安心・安全な歯科治療をご提供いたします。